bollingerbands3b


bollingerbands3b.ex5 (10 ダウンロード)

ソースコードファイル(.mq5)ダウンロード

MT5インジケーターjpは、無料でMT5インジケーターをダウンロードできるサイトです。高品質かつ効果的な多数のインジケーターを無料で提供しています。

 

MT5インジケーターjpのインジケーターは、一般的なテクニカル指標をはじめ、複雑なアルゴリズムを使用したものまで幅広いバリエーションがあります。

完全無料でダウンロードが可能です。初心者の方でも安心して利用でき、EAの種類も多く、自分に合ったインジケーターを使用することができます。

 

注意事項

・すべてのインジケーターは無料でご利用できます。

・予告なくインジケーターの掲載を終了することがあります。

・このインジケーターを使用したことによる損失については当サイトは責任を負いません。

 

インジケーターのインストール

当サイトのインジケーターをインストールするには、以下の手順を実行してください。

  1. インジケーターの詳細ページを開き、ダウンロードボタンをクリックします。(ブラウザがソースコードのmqファイルを音声ファイルmpファイルと誤認識する場合があります。)
  2. ダウンロードが完了したら、ファイルをダブルクリックするとメタエディタが開きます。
  3. メタエディタのコンパイルボタンを押してexファイルを生成します。
  4. MT5の「ファイル」から「データフォルダ」を選択し、「MQL5」フォルダ内の「Indicators」にexファイルを入れます。
  5. MT5のナビゲーターウィンドウでインジケーターを選択し、右クリックを押して「更新」を押します。(あるいはMT5を再起動します。)

当サイトのインジケーターは、トレードにおけるあなたの成功をサポートするために作られています。是非、当サイトからインジケーターをダウンロードして、トレードの成果を上げてください。

 

本サイトは、日本在住者にFX取引を勧誘することを意図したものではありません。

高リスクについての警告: 外国為替取引はすべての投資家に適しているわけではない高水準のリスクを伴います。
レバレッジは一層大きなリスクと損失の可能性を生み出します。外国為替取引を決定する前に、投資目的、経験の程度およびリスクの許容範囲を慎重に考慮してください。
当初投資の一部または全部を失うことがあります。したがって損失に耐えられない資金投資をしてはなりません。外国為替取引に関連するリスクを検討し、疑義があるときは中立的な財務または税務アドバイザーに助言を求めてください。

またサイトに掲載中のシステムは稼働を100%保証するものではありません。ご利用に際しては十分な確認、検証を行うものとし、システムの利用によって発生した損害、損失は免責とさせていただきます。

インジケーターのリペイントについて

インジケーターのリペイントとは、過去の価格データに対して出力されたインジケーターの値が、後になって変更されることを指します。つまり、現在の価格に基づいて、過去のインジケーターの値が再計算され、修正されることがあるということです。

リペイントが起こると、過去のデータに基づいてトレードを行った場合に、実際には正しいエントリーやイグジットのポイントが見つかっていないことになります。これは、トレードの勝率や損益の計算にも影響を与え、正確なトレード分析が困難になります。

リペイントは、特にリーディング指標(先行型指標)で多く見られます。これは、現在の価格変動を予測するために使用される指標で、価格が変動する前にシグナルを発生させます。この種類の指標は、現在の価格に基づいてシグナルを生成するため、過去のデータが再計算されると、シグナルも変更される可能性があります。一方、ラグging指標(遅行型指標)は、価格変動の過去の傾向を分析するために使用されるため、リペイントの問題は少ない傾向があります。

リペイントを防ぐために、信頼できる指標を使用することが重要です。バックテストやシミュレーションでのパフォーマンスを検証し、リアルタイムのトレードでも十分にテストすることが重要です。また、リペイントの発生を最小限に抑えるために、より遅延の少ない指標を使用することも重要です。

 

インジケーターのダマシについて

インジケーターのダマシとは、不正確なシグナルを生成する現象を指します。ダマシは、トレーダーがシグナルに基づいてトレードを行ったときに、期待通りの結果が得られないことがあります。

ダマシは、主に市場の変動によって引き起こされます。市場がランダムに動く場合、インジケーターもランダムに動くことがあります。また、市場に影響を与える要因が多い場合、インジケーターはそれらの影響を反映することができず、ダマシを発生させることがあります。

ダマシは、特にリーディング指標で起こりやすく、過去のデータに基づいてシグナルを生成するため、市場の動きに適応できないことが原因です。一方、ラグging指標は、価格変動の過去の傾向を分析するため、ダマシの問題は少ない傾向があります。

ダマシを避けるために、トレーダーは信頼できるインジケーターを選択することが重要です。また、ダマシを発生させる可能性があるインジケーターを使用する場合は、他の指標やチャートパターンなど、他の分析ツールを使用して、シグナルを確認することが重要です。ダマシが発生しても、トレーダーがトレードを取り消すことができるよう、ストップロスやリスク管理を適切に設定することも重要です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA